トップページ ≫ 高血糖だとどうなるのか

高血糖だとどうなるのか

私たちは、日々、食事を通して、様々な栄養素を摂取していて、その中のひとつに糖質という栄養素があります。糖質は体の活動に不可欠な成分であり、お米やパン、果物やお菓子など様々な食品に含まれています。この食事を通して摂取した栄養素である炭水化物が、身体の中でブドウ糖となって、日々活動するためのエネルギーとして、血液中に送られて全身をめぐり、細胞内でエネルギーとして使われます。

 

この時、血液中にあるブドウ糖(血糖)を全身の細胞に吸収させたり、脂肪や筋肉などに蓄積させる働きをしているのがインスリンです。つまり、このインスリンの働きによって血液中のブドウ糖の量はコントロールされます。しかし、糖尿病患者においてはインスリンの量が少なかったり、機能不全を起こしているケースが少なくなく、血糖を上手く細胞へと取り込むことができないために、血糖値が高い状態が続いてしまいます。

 

この高血糖状態が長期になってしまうと、これによって全身の血管がダメージを受け、様々な合併症になってしまうことがあるのです。こうした継続的な高血糖状態がいわゆる糖尿病です。

 

糖尿病になると、神経や目、そして腎臓などに悪影響があり、それによって全身に問題が生じるようになってしまいます。一見あまり関係なく思えますが、足を切断する事態にまで発展したり、命を失う病気になることもあるのです。ですから、血糖値の値についてはしっかりとコントロールすることが大切で、そのためには日々の生活習慣や食習慣が大切ですから、ぜひしっかり見直すようにしましょう。

Copyright (C) 2017 この痛みをなんとかして!生理痛を和らげる飲み物はこちら All Rights Reserved.